share facebook
share twitter
NEWS
お知らせ
HOME NEWS 【プレスリリース】62%が「アフターコロナで、調理頻度はコロナ前に戻る」と回答。一方で、約3割が栄養意識、手料理増加、試食減少の意向。

【プレスリリース】62%が「アフターコロナで、調理頻度はコロナ前に戻る」と回答。一方で、約3割が栄養意識、手料理増加、試食減少の意向。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.07.08
図4

 料理写真共有アプリ「SnapDish(以下、スナップディッシュ)」を運営するヴァズ株式会社(事業所:東京都武蔵野市、代表取締役:舟田 善)は、料理好きな20代~60代のユーザーを対象に「集団免疫獲得後の生活行動変化の意向」について調査を行いましたので、結果を発表します。

  • ほとんどの項目で6割以上が「コロナ前に戻る」と回答、接種拡大とともに揺り戻しの兆しか

本調査では、家庭での食事や料理、スーパーでの買い物などの生活行動について、新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、集団免疫を獲得した後に、どのように行動が変化しそうかの意向をアンケートで調査しました。
その結果、調査した生活行動のほとんどについて、6割以上が「コロナ前に戻る」意向を示す結果となりました。

「コロナ前に戻る」の回答割合が多い順に見ると、「弁当を手作りする回数」(76%)、「スーパーに買い物に行く回数」(72%)、「冷凍食品を利用する回数」(72%)、「食品飲料をネット・スマホで買う回数」(71%)となり7割を超える人が「戻る」と回答。最も少ない行動でも「スーパーで試食をする回数」(58%)と半数を超えており、大多数の傾向として集団免疫獲得後はコロナ前の生活に戻りたい意向が表れる結果となりました。

  • 3~4割はコロナ禍前と行動変化の意向。栄養を意識した食事、内食志向、試食回避は、一部でニューノーマルに。

約6割が「コロナ前に戻る」意向を示している一方で、それ以外の約3~4割はコロナ禍前の生活と変化する意向を示しました。コロナ前より「増える」「減る」回答比率の差分が20pt以上になった行動は、「栄養を意識した食事」(+33pt)、「料理についての情報を得る回数」(+29pt)、「手料理する回数」(+26pt)、「スーパー等で試食する回数」(-26%)、「自宅で食べる食事の回数」(+20pt)、「家族との食事の機会」(+20pt)となりました。集団免疫獲得後も、栄養を意識した手料理を続ける人や、スーパーでの試食を避ける人が、一定数コロナ禍前より増えることが予想されます。

 

  • コロナ禍前と直近を比較した行動変化では、内食増加、外食減少が顕著に。

コロナ禍前と直近の状況を比較しての行動変化を聞いたところ、「自宅で食べる食事の回数」(67%)、「手料理する回数」(63%)、「料理についての情報を得る回数」(58%)、「栄養を意識した食事・料理の回数」(50%)については、半数以上が「増えた」と回答しており、ついで「家族との食事の機会」(44%)、「スーパーに買い物に行く回数」(39%)、「テイクアウト・惣菜を利用する回数」(40%)の順で「増えた」の回答が多い結果となりました。
これらの行動は、2020年9月、11月、2021年4月に定点調査を行っており、今回の2021年6月調査結果では、3回目の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の影響から、過去調査結果と比較すると、内食増加、外食減少の傾向がより顕著に見られました。
(※過去調査結果もあわせた推移データは下記よりお問い合わせください。)

 

  • ご希望の方には、調査結果データを公開致します。

■集計データを無料でご提供しております。ページ下部のフォームよりお申し込み下さい。
※上記のグラフ、2020年9月、11月、2021年4月、6月の「コロナ前と直近の行動変化」の推移データをダウンロードいただけます。

 ■引用・転載時のクレジット表記のお願い
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下の文言を併記してのご使用をお願いします。
【料理写真共有アプリ「スナップディッシュ」調べ】

■「SnapDishみんなの食卓体験ラボ」とは?
SnapDishが、生活者の自発的な声や工夫を集めて共有することで、「生活者の食卓体験向上」を目指すラボラトリーです。
過去の調査結果はこちら → ​http://vuzz.com/lab2019

■調査概要
調査方法:SnapDish登録ユーザーにメールにて「みんなの声大募集♪ 時短編」アンケートで回答を募集
回答期間:2021年6月26日~7月2日
回答者数:317名
 

  • 食品調味料メーカー向けソリューションのお知らせ

・7月20日、食品調味料が愛される「体験作り」最新事例を実践企業に聞くオンラインセミナー開催
ヴァズでは、人口減社会やアフターコロナでも食品や調味料がファンに愛されるための、熱量高い「体験づくり」を推進しています。その最新の成功事例として、海外生産者とつないだオンライン試食会や、オンライン体験コンテンツの店頭施策への展開など、SnapDishを幅広く活用する株式会社東京デーリー・マーケティング担当者にインタビューするオンラインセミナーを開催します。
>>開催詳細・参加申込みはこちら http://vuzz.com/seminar20210720

・秋以降の内食リバウンドに向け「秋の新生活応援企画」をリリース
内食需要の追い風が終わるアフターコロナでも、食卓で支持され続ける商品になるために、「SnapDish 秋の新生活応援企画」を提供開始しました。
※先着3商品限定・申込期限:8月17日

 
詳細は以下のフォームよりお問い合わせください!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
scroll top